fuyunohinotegakariの日記

写真をあげたり日記を書いたりします

頑張った感想/13の理由みた

きたぜGW! ほとんど家族と過ごしてる。少し仕事もした。

なんつーか気づいたら4月が終わっていた。本当に本当に本当にあっという間だった! まだまだしつこくこの話しますけど、社会人になってから最も余裕がなく、精一杯で、スリリングな一ヶ月だったことだよ。そして、ここまで自分の力を本気で全部出し切った…と思えたのもはじめてだった。これ以上はできません!と、何度も思った。自分のキャパシティを知る、ということを考えてみると、今までに「余裕でやれる」と感じることはあんまりなく、「自分の能力・体力が追いつかず辛いけど、好きだしやりたいからなんとかできる」という状況がほとんどで、人生単位で考えても、その度合いがぐんと高まったり、少し凪いだり、の繰り返しであった。このひと月はまじで、その水位が表面張力ギリギリに達したなという感じだった。あと少し何かが溢れていたら破綻していたし、なにか更なるトラブルがあったら心がぽっきり折れていたかも。だけどさまざまな人の助けがあり、おかげさまで乗り越えられて、大変なミスもなく、穏やかにGWを過ごせている。どこに足を向けて寝たらいいかわからない。

それで4月の終わり、少し仕事が凪いでいたこともあり、ネットフリックスでいまさら「13の理由」をみていた。つらくて、s1は何度か見るのをやめようかと思ったけど、s2を見てこの作品に愛着が湧いた。s3はハラハラしたりイライラしたりもしたけど、s4のラストシーンを見て、ようやく最後まで見てよかったなーと思った。

なぜ最後まで見てよかったと思えたかというと、悲惨な事件の解決後、周りの人がどんなふうに傷ついて、どうやって生きていくか、ということにきちんと向き合っている感じがしたからだ。あれがリアルであろうと、現実離れしていようと、甚大なストレスを受けた登場人物たちに責任を取るぞ、という覚悟が伝わってきた。

あと、私はこれまで「死にたい」の波がドカンとくることが結構あったので、ハンナを見ていていろいろと客観視できたのも、自分にとってはすごくいいことだった。つらさは全然比べられないけど、死なずにここまできてしまったぜ、というこの世に対して感じていたどこか所在ない気持ちに対しても、「生き延びた」と言い切ってくれたのが心強かった。あの子たちがその後の人生を諦めず、成熟した大人になれますように、と願うこころと、自分自身ももっと自分がいいと思える自分になれるよう頑張りたいなと思う前向きな思いで、いまはまだ胸がいっぱい。

・山を越えて平常に戻ったので(また次が始まっちゃうけど)、ここに至るまでに取りこぼしたもろもろの処理をしている。そろそろ「申し訳ありません」のないメールを打ちたい。ここで謝ってもしょうがないけど、、、申し訳ありません。。

・この家にあるものは全部私のものなんだな、と時々思う。なかなか生活してる。前の家は一人暮らしサイズのコンパクトなキッチンで、ギリギリまな板を置けるかどうかだった。振り返ると洗濯機があって、お米を3合炊いたら洗濯機のフタの上も使って、一杯分を包んで凍らせる、みたいなのが結構好きだった。もう少し広くて、もう少し日当たりがよければずっと住みたかったけど、せまかったんだよなー。この家大好きだけど、家賃をすんなり払えるくらい給料上がらないかな。

・痩せたい気持ちがたかまり、先輩と玄米ご飯生活を導入し、できるときは運動し、なるべく寝る前ストレッチを心がけ、毎日体重計に乗っているが、なかなか変化を感じず、しかしひとまずこれを3ヶ月続けてみようと思う…頑張ろう…。

・四月だし仕事も谷だし、生活を立て直すいいタイミングなので、お金のこととか含めて一旦ちゃんとしたいー。だれかたすけてー。

・お別れが言えること

「俺の家の話」をみたり、疎遠になった友達のことを考えて、お別れが言えることの幸せを考えてる。 

攻めと守り(やりたいことと、健康管理)

よく働いた。この半年ほど攻めすぎた! 成長には痛みが伴う、と言ったりすることもあるけれども、それで言うとこの伸び率はすごいだろうと思う。どんくさかったりダメダメなことも多かったけど、よく追いかけて走り続けられたなーと自分に思う! ほんとに必死すぎたし、手が回らなくて人に迷惑かけたりもしたので、この痛みは果たして本当に必要だったのだろうか、とも若干思うが、とりあえずわたしが、わたしの体と心を守りきれたこと、それが何よりも大事で、自分のことを褒めたい。わーっ! ってみんなの前で泣くこともこともできたし、お医者さんのところへ行って診断書をもらって、無理矢理休むことも正直できた。それでも、それをすることは自分にとって全く本意じゃないし、やるといったことは最後までやりたい、しかし仕事量がやばすぎて死ぬ、の瀬戸際でかなりきつかった。まじつらかったけど頑張ってよかった。もうこんなには頑張れないだろう。やり切った。ヒリヒリするほど一生懸命になれる仕事に就けたことは、かけがえのないことだと思うので、これはこれ。とにかくがんばった!

それでがんばったあとに考えるのは体のことで、めちゃ太った&細かなところのケアができてないのでやばい。コンタクトの度数が全然あってないのと、歯医者にいかないといけない…。今週病院行けるといいなあー。この週末は、お洋服と化粧水や洗剤、石鹸など生活に必要なもので切らしていたものを一気に購入できてよかった。今日も月曜日だったけどおうちでやることやってたくさん寝た。明日からまた頑張れそう。ここのバランスをとれるようになるといいな、が課題の一年になりそう。

・見ているドラマ

「大豆田とわ子と三人の元夫」元夫の松田龍平、やばいぜ

「ラブコメの掟」かわいい小関裕太を愛でる

「ジモトに帰れないワケあり男子の14の事情」いろいろとテンション高くてひどいドラマ。頑張れ関西ジャニーズJr.…。