イカサマな新素材

写真をあげたり日記を書いたりします

大学3年生という不思議な時期のことを考える。

他のみんなはどうだかわからないけど、私は間違いなくあのとき無敵だった。中高生のときとは違った無敵さで、少し、や、かなり、邪だったと思う。(それは今大学3年生の妹を見ていても、ちょっと思う)

あのとき私はとてもいびつで醜かった。

長く付き合った、年の離れた彼氏と結婚すると信じきっていて、色々大事なことをすっ飛ばして考えてた。この人と結婚して子供を育てたい、と思ってたけど、それは今考えると、どうしても自分の人生から目を逸らしたくて、現実から逃避するための手段だったのだなと思う。自分の気持ちすら無視して、その人のことばかり考えていたと思う。大体のことがバカみたいに楽しくて嬉しかったけど、同時にほとんどのことが辛かった。

そんなだからガタがきて、私は一度すごい邪悪な存在になった。わかりやすく喫煙を始めて、彼を半ば裏切るような形で同い年の男の子と付き合い始めた。その人には「結婚しよう」と言われて付き合ったけど、ぶんぶん振り回された挙句、たったの半年で吹っ飛ばされて、一度全てが止まった。

あのときの自分を全肯定するつもりはないが、一度あれほど極端に邪に振り切れていなかったら、中途半端にあのときのまま、うまく自分のことを考えることができない人間として24歳を迎えていたと思う。邪な存在になって、身から出た錆によって全てが一度停止したおかげで、私は自分の人生を始めることができた。依存症の人が心から治療を決意するためには「どん底体験」なるものが必要らしい。私にとってのそれは間違いなくその時期だ。あのときのおかげで、私は男の人に自分の人生を期待することも、男の人からの性的な評価を気にすることも、一切なくなった。

だから、大学3年生のときのことを思うと、そこから始まる長い長い、私が私になるためのつらくて重要な数年の幕開けだったなと思う。

 

今好きな男に「髪が長かったときの写真を見せて」と言ったら、大学3年生のときの写真をくれた。なんというか、雰囲気が今と全然違っていて、珍妙な気持ちになりつつ、かなり胸がときめいた。「これは、女がいるね。なんか余裕がある」と言ったら、男は「そうだね。なんか余裕あるね」と笑っていた。今の私はこの写真の中の男の子を好きにならないだろうな、と思ったが、時を同じくして大学3年生だった自分なら?と考えると、もしかしたらちょっかい出してたかもなと思った。邪だったからね。

今の自分が、今の自分で良かったと思うのと同時に、彼も彼で今の彼で、今このふたりでよかったと思う。