イカサマな新素材

写真をあげたり日記を書いたりします

ダメな言い訳をまとめました

ここ数日、自分がとてもめんどくさいやつになっているのを感じる。今日、思い当たるフシが多すぎてさすがに自覚した。なぜそうなっているかというと、もう、これはひとえに「ひま」かつ「さみしい」からだ。もう、明らか。火を見るよりも明らか。ホントに皆さんに謝りたいです。めんどくさくてごめんなさい。悪いのは私です。
で、時間があるならあるなりに旅に出るだとか、すればいいんですけど、なんというか本当にやる気が起きないのでどうしよう。よっこらしょと重い腰を上げるが、集中力が続かない。いろんなことがめんどくさい。
人と会う予定を入れまくる、そうすると家を出ざるを得なくなる。それにともなって、化粧をしたり、身支度を整えよう、と思う。それでいろんなことが維持できているが、正直それも「うー」となりそうになる。けど、それを乗り越えて家を出て、人と会うと「ああよかった」とか「会ってくれて嬉しいな」とか「友達、ありがたい」とか思う。感謝です。そんな有り難い友人に対してすら、私はなんとめんどくさい態度をとることもあるのです。大変にひどいことです。
それで、ごめんなさい、と一人で思っていると、また自信がなくなってきて、部屋にこもってしまうという……。

こんな風にうじうじしているんだけど、これは実は毎年のことで、私は秋になるととてもうじうじしだす。
季節柄、なんか胸がスースーして、さみしい。
そして、誕生日が近づいてきて、「お前はもうすぐ歳を取るが、この1年何をしたのか?」と問い詰められているような気持ちになる、のです。。。
今年は、「よーし気をつけるぞ」と、けっこう構えていたのですが、どうやらこれは簡単に出来ることじゃないっぽいな。
Amikaさんの歌で「悲しみはいつか麻痺していくことを 悲しみの中でもわかるように」というフレーズがあって本当に好きなんだけど、さみしさもいっしょで、さみしいときに「これは今だけ」と思うことはとても難しい。

そんなふうに、またうじうじとした秋を過ごしています。
はやく働きたいなあ。