読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イカサマな新素材

写真をあげたり日記を書いたりします

踊るファイナル見た

FINALのドラマの方はテレビで当時見たけど映画はまだだった。この度テレビシリーズ見直したので、映画も1、2、真下、3と振り返り、ファイナルのドラマと映画を一気に見た。早いとこ室井さんももっかいみたいな。

ファイナル、面白かった。
警察のクソみたいな隠蔽に憤りながら、大量のビールを隠し通そうとする青島のバランス感覚が絶妙。いくらアツイ信念を持ってても人間ってこうだよなと安心する。この、ビールを隠そうと躍起になれるのが、なんだかんだ組織でやっていけるところなんだと思う。脱サラして警察官になっちゃうくらい正義感はあるけど、いろいろあっても組織で頑張れるバランス感覚。そうじゃなければ、青島は多分鳥飼より先にぶっ壊れてただろうよ。

鳥飼と青島・室井の対立がシャアとアムロみたいだなーと思った。逆シャアの、アムロの「革命家はいつもやることが極端だから」云々を思い出す。あと、スターウォーズか。新たなる希望だし。こういう、「あ、コレあれか」といろいろ思いめぐらすことが出来るのも面白くて好き。

最後、室井さんが警察を立て直す委員会みたいなのの責任者になれたのグッときたけど、皮肉だなーと思った。鳥飼のおかげじゃん。結局鳥飼のいうように「誰かが行動を起こさないと何も変わらない」。
3とTVで鳥飼が狂っちゃってる感じなのの理由がわかってよかったな。アンフェアの瑛太思い出した。

あと、子供=バナナ好きって、ミニオン大流行してたからなのかな。勇気くんの荷物に小さなぬいぐるみがついてたから「好きだったんだな」と納得した。ミニオン見てなかったら「はー?」ってキレてたかもだけど。。。
と思ったらイルミネーションエンターテインメントと絡んでたのか!!!なんだよズブズブじゃねーか!おい!大丈夫か!なにが「バナナだ!」よ!緒方もずっとバナナのぬいぐるみ?かなんか握ってたもんね...。そういやミニオンシリーズで女の子が湾岸くんのTシャツ着てたわ。はーなるほど。

踊るのいいところは全部ギャグなところだ。サムければサムいほど笑える。ねーよ!wって言えることをリアリティのある湾岸署で真剣にやってるのがおもしろいんだ。(いや、あんな警察時あったら困るんだけど...
だってすみれさんがバスで突っ込むのとかもうやりすぎじゃん?バッカありえねーよ青島に当たってたらどーすんだよ!wwって笑えるのが好きだ。
ドラマシリーズはもうちょっと細かい捜査のシーンが最初から最後まで描かれてて「本当」っぽかったけど、映画はどうしてもそのへん省略しないといけないよね。映画に違和感ある人はそのへんの問題じゃないかなーと思う。テレビシリーズも、映画なみに捜査シーンを省略したら違和感あると思う。雪乃さんなんでもかんでも関わりすぎだろ!wとかさ。はーあ。面白かった。終わっちゃって悲しい。ついにパトレイバーを見なければならない日が来たのかー?と思っている。そういえば友人がハマってたな。

明日から授業なのやだー。