読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イカサマな新素材

写真をあげたり日記を書いたりします

髪切って超かわいくなってしまった

髪を切るとき、バッサリ行ってしまうと、「うわ、この人髪を切ることで気持ちを入れ替えようとしている!」って周囲に思われそうで、嫌だったんですけど(って、思ってたこともなんか恥ずかしい)。

ここ三日ほど頭に流れるのは「髪を長く伸ばしてみて 元には何も戻らないと知るはず」!ふりっぱーずぎったー。髪を伸ばせば、何かがどうにか戻るんじゃないか?って感覚はなんとなくあって、たまに伸ばしたくなるんですよね。小中学生くらいの頃に取りこぼしたスタンプラリーを再開できるような感覚、ありません?
 
ばっさり、「1/2」のPVの川本真琴くらい。ジーパンにTシャツだったから、まさにそんな感じで。抱きしめても骨が当たらない川本真琴!って感じで。
この髪型はよくしてたけど、ここ2年くらいはずっと色変えたり伸ばしたりしていたので、久々で新鮮だ。ただ、こう、肌の質感とか、なんとなく、これがもうすぐ22歳の…と思わざるを得ませんでした。健康的な生活をしなければ……。
しばらくカラーしてなくて、傷んだ毛先をバッサリいったので、「こんなに髪の毛綺麗だったか!」と思いました。大切にしよう。
 
髪伸ばしたのはかれこれ4度目くらいで、人生でいちばんの長さまで伸ばせたんだけど、やっぱりどーーーーーーーも性に合わない。長髪に合う所作を幼少期に身につけずに生きてきたからだと思う。ってかそもそも、短い方が似合う気がする〜。
美容師さんも「逃した魚は大きいぞ!」って言ってくれて嬉しかった(営業トーク)。めちゃくちゃ気合い入れてカットしてくれたので後ろから見ても横から見ても前から見ても最高だー。
お気に入りの格好して、髪の毛手入れしてもらって、帰りに超久々の買い物して、もう、泣きたくなるくらいすっきりした。こういうの大事なんだな〜と思った。また頑張っていくぞお。