読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イカサマな新素材

写真をあげたり日記を書いたりします

中学生のとき、お母さんが車で学校送ってくれてるとき、「私ずっとジャニーズすきなのかな…一生彼氏できない気がする…」って言ったのをなんかすごく覚えてる。
ママはそれをきいてすごく笑って、「案外すぐどうでもよくなって、すぐ彼氏できるよ」って言った。結局その通りになったけど、半出戻り状態で今もなんだかんだめっちゃすきっていう一番中途半端なパターンで落ち着いてしまった。
私はごく出なので永遠の新規ですが、それでももう10年とか経っちゃってるんだよなーと思う。こんな今想像してましたか?って感じ。してないよなー。はー。
21歳の春に考えることは将来のことばかりで、数ヶ月後のことが見えなくて、正直ホントいろいろ気が気じゃない。だから田口がいなくなっちゃったのも、KAT-TUNがお休みすることも、いまいちまだよくしらない。それがどういう意味なのかわかってない。そこまで気を回す余裕がない。でも、おもえば赤西が辞めたときも聖がいなくなったときもそんな感じだった気がするんだ。いなくなったら、寂しいだけで、わたしの毎日は何も変わらない。犬は吠えるが、キャラバンは進むのである。はー。
なんか、KAT-TUNが一区切りつけるってことは、わたしの子供時代も終わっちゃうんだなって思う。たくさん夢みさせてくれてありがとう。ドームいくのこわいよー。えーん。