読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イカサマな新素材

写真をあげたり日記を書いたりします

近況

3年前の今朝わたしはパジャマで電話をかけて合否を確認したのだった。
うかってた、と一言母に伝え、英語の先生と高校に電話して、みんなから祝福を受け、少しだけ泣いた。
よかったよかったと母と繰り返し言い合って、のんびりとした時間がようやく始まったのだった。

さてこの冬はすごかった。ドームでエイト見て、ジャニワ二日連続で見て、海外一週間行って、年の瀬にはJUMP見に日帰り弾丸で大阪まで行って、あとはひたすら毎日友達と遊んで、スターウォーズを全部見て、アホみたいに勉強して、最後に5年半付き合った彼氏と別れた。
別れは非常にあっけなく、まあめっちゃ泣いたし寂しかったけど、それよりももう離れたい気持ちが勝ってしまったのだと思う。感謝の気持ちでいっぱいだけど、もう相手を心の底から尊重することは出来なくなってた。

そのすぐあと、同い年の友人と付き合うことになった。叩いても蹴り飛ばしてもビクともしなそうな、健康で骨の太そうな、大型犬、いや、白熊のような新しい彼氏が、池袋の混み合った地下をするりするりとすり抜け、すんなりと映画館に連れて行ってくれたとき、なんとも不思議な気持ちになったのだった。
でかくて、胸板がすごく厚くて、のっそりしている。安定感がある。歩き方がゆっくりだ。いつもにこにこしている。イライラしていても、その数秒後には笑っているようなやつ。
彼は基本お母さんのことを「母親」というのですが、冗談ぽく「マミー」というときがあって本当にかわいい。
同い年の人と付き合うのってこんなに気が楽なんだと思った。
性格が幼稚園のときくらいに戻ってる。こんなに元気だったかーと思う。
ただ新しい相手に浮かれているだけなのかもしれないけど、そんなもんだよなと思う。
今はこの半端なくありがたい状況に感謝して、やるべきことをやっていかなければならない。